快眠のための寝具・枕

寝具選び

スポンサードリンク

眠りに欠かせないのは寝具です。快眠につながる寝具選びのポイントをいくつか挙げてみます。

 

◎敷きの寝具は、適度な弾力があり、体をしっかり支えて、寝がえりしやすいものをえらびましょう。仰向けの姿勢と寝付きの姿勢が気持ち良いものが好ましいです。
蒸れないことも大事なので、保湿性があり、湿気を吸収してくれる素材のもの。
硬さは好みもありますが、柔らかいものより硬いほうが体には良いです。柔らかいと寝がえりをうった時に体のあちこちに力が入り、かえって腰痛の原因になってしまいます。寝てみてお尻が沈み込むものは避けましょう。
夏場は麻の敷きパッドを使うとサラッとして気持ちよく眠れます。

 

※寝具にも寿命があるので、寝心地が悪くなったと感じたら替えることも検討してみてはいかがでしょう。

 

◎掛けの寝具は、季節に応じて替えましょう。
春・秋・冬は羽毛布団がおすすめです。保湿性・放湿性・耐久性があり、軽さに優れています。
天日干しできるものが良いので、買う前に確認しましょう。保湿性を重視したい人は、厚手のタイプを。

 

夏はタオルケットが定番ですが、タオルケットが苦手な人にはガーゼ素材のガーゼケットはいかがでしょう。肌への刺激が少ないので、敏感肌の人にも安心して使えます。

 

◎枕
枕は高さが重要です。
高すぎると肩コリやいびきの原因になりますし、呼吸がしにくくなります。逆に低すぎると首に負担がかかります。頭が心臓より低くなると血流が悪くなるということもあります。

 

理想の高さは、真横から見て、あごが2〜5度下がるもの。ただし、敷き布団の沈み具合によっても変わるので、普段使っている敷き布団と同じ硬さの布団の上で試して買うことができるのがベストです。
枕も使ううちに高さが変わってくるので、頭の位置が低くなったと感じたら替え時かもしれません。
バスタオルをたたんで枕代わりにする方法もあります。高さを調節しやすいですね。

 

幅も広いものを選びましょう。広い方が寝がえりをしやすいです。

スポンサードリンク