快眠にはサプリより食事で

快眠にはサプリや薬より食事で

スポンサードリンク

*サプリを快眠目的にするのは控えめに*

 

眠れないと、ついお手軽にサプリメントや薬に頼りがちになりませんか?
最初に書いたホルモンの話で言うと、ホルモン剤やサプリメントで補えばいいと思うかもしれません。
でもこれはおすすめできません。
サプリメントを飲むと、自身の体内で分泌されたホルモンと合わせて一時的に体内ホルモンの量は増えます。しかし、脳は「このホルモンは十分足りているんだな」と判断してしまうので、本来なら分泌が足りてないのに止めてしまうのです。

 

1回や2回の使用なら大した影響はないでしょうが、サプリメントは長期にわたって使うものなので、影響は大きくなります。その結果、本来のホルモン分泌の力を弱めることにつながります。

 

睡眠薬もはどうでしょうか。これも1回か2回程度なら、体に悪影響はありませんが、長期にわたって使い続けると自然に眠ることが難しくなります。
睡眠薬は副作用はありませんが、常習化しやすいものです。それに薬で眠れても「良い眠り」にはなりませんので、体調の改善にはなりません。

 

それよりも、食事を見直した方がはるかに良いです。

 

・一日3食を、規則正しく食べる。
・その日の最後の食事は、寝る3時間から2時間前に終える。
・栄養バランスの良いものをまんべんなく食べる
・旬のもの、新鮮なものを食べる
・ポリフェノールを含んだものを摂る
・大豆やバナナ、ナッツ類も良い
・カラフルな食材(トマト、ニンジン、サケのようなもの)を食べる
・精製された白いもの(白米、食卓塩、白砂糖)より、精製されていないもの(玄米、粗塩、黒糖など)を食べる
・酸化したものは避ける(新鮮でないもの。特に油は酸化しやすいので、揚げ物は作って30分以内には食べる)
・寝る前に脂っこいものは食べない

 

寝る直前に食事すると、消化器系が睡眠中に働くので胃腸に負担がかかり、肥満の原因にもなります。
どうしてもお腹が空いて眠れない!という時は、消化のよいものを軽く食べてもいいでしょう。(あくまで軽く、です)
お粥に半熟卵、麦飯は消化が速いのでおすすめです。この時のお粥は玄米よりも白米で。玄米は胃に負担がかかる人もいます。

 

これらは快眠だけでなく、自律神経のためにも良く、健康回復・維持のためにもよく言われることではないでしょうか。
いきなり全部を実行しようとすると負担だと感じるなら、できるところから改善してみましょう。少しずつでも調子が良くなったと感じられたら、嬉しいですね。

 

良い眠りがあなたの体を若く、きれいに、元気にしてくれることを願います。

スポンサードリンク